フランチャイズで開業すれば安定する|ラーメン屋への道

男性

店舗経営の頼れる味方

レジ

売上管理業務を省力化

POSといえば、コンビニやスーパーなどの小売店を中心に流通業界で広く採用されている管理システムとしておなじみです。POSとはPoint Of Sales、つまり販売時点という意味です。商品の売上を1日の終わりなどにまとめて集計するのでなく、バーコードなどを利用してレジを通したその都度記録するのがPOSシステムの特徴です。これにより、売上データの記録業務を省力化するだけでなく、データをさまざまな角度から分析することによって仕入数の調整や販促キャンペーンの実施といった経営戦略の立案に生かすことができます。ところでこのPOSシステムですが、小売店の他にも特に普及が進んでいる業態がもう1つあります。それが、飲食店です。

発注情報を正確に伝達

POSシステムには、先に挙げた特徴のほかにもう1つ利点があります。それは、発注業務の簡素化です。そしてこれが、飲食店においてPOSの導入が推奨される理由となっています。一般的な飲食店では、接客担当者が客から注文を取り、その注文がバックヤードに伝わって料理等が調製され、最後に会計が行われるというのが業務の流れとなります。この時、注文の伝達が口頭や紙の伝票によって行われる場合は、言い間違いや書き間違いによって情報が不正確に伝わってしまわないよう注意する必要があります。しかしPOSシステムを採用すれば、接客担当者が機械入力したデータが厨房や会計にそのまま伝わるようになります。飲食店は料理や飲み物の追加によって発注情報が錯綜しやすい傾向があるため、このようなシステムは正確性と迅速性を向上させるのにとても役に立ちます。